2016J v2の新機能

Wijmo Enterprise

MultiRowコントロール

1レコードを複数行で表示できるグリッドコントロールです。通常のグリッドと比較して、横方向にスクロールしなくても多くのフィールドを1画面で表示できるという特長があります。MultiRowはFlexGridの拡張コントロールであり、FlexGridと同じ操作性と機能を提供し、列レイアウト定義情報を設定するだけで複数行のレイアウトでグリッドを表示することができます。

MultiRowコントロール

デモ


Wijmo 5

Angular 2対応

Angular 2 RC6に対応します。また、Angular 2のForms、NgModuleをサポートします。Wijmo 5では、全てのコントロールでAngular 2コンポーネントが提供され、プロパティやイベントのバインディングに対応します。Wijmo 5はTypeScriptで開発しており、jQueryに依存しないため、Angular 2で非常に開発しやすくなっています。

Angular 2導入ガイド

React対応

ReactでWijmoコンポーネントを使用することができます。使用方法はReact導入ガイド(英語)を参照してください。

Vue.js対応

Vue.jsでWijmoコンポーネントを使用することができます。使用方法はVue.js導入ガイド(英語)を参照してください。

ReportViewer(ベータ版)

ComponentOne Studio Web APIのレポートサービスで作成したレポートを表示します。レポートは印刷またはPDFやExcelなどの形式でファイル出力することができ、文字列の検索/選択、ズーム、サムネイル表示、見出し表示などの機能を提供します。

デモ

[FlexGrid] 新規追加行を上に表示

新規追加行をグリッドの一番上に表示します。新しい行は一番下に追加されます。

サンプル

[FlexGrid] 列フッタ

グリッドの下に列フッタを表示します。列フッタには、集計値や任意のコンテンツを表示することが可能です。

デモ サンプル

レーダーチャート

同心円状のX軸と放射線状のY軸を持つ、多角形のチャートです。

デモ サンプル

ポーラチャート

同心円状のX軸と放射線状のY軸を持つ、円形のチャートです。X軸は角度を表します。

デモ サンプル

[FlexChart] ファンネルチャート

積み上げグラフを漏斗の形式で表示します。

デモ サンプル

[FlexChart] サンバーストチャート

階層的なデータを同心円の形式で表示します。

デモ

[FlexChart] ウォーターフォールチャート

前回の値からの増減を示すことのできる棒グラフです。

デモ

[InputDate] 月の選択

従来はカレンダーで日付のみ選択可能でしたが、月を選択できるようになりました。

サンプル

[AutoComplete] 検索対象のメンバー

入力候補の検索で対象とするメンバーを指定します。例えば、実際の文字列の他にフリガナを入力して検索することができます。

サンプル

[PDF] SVG画像の描画

PDFにSVG画像を描画します。例として、FlexChartをベクター画像として描画することができます。

デモ

[Gauge] テキストの表示

値の代わりにテキストを表示します。

デモ

[Gauge] 目盛りの表示

ゲージの目盛りを表示します。

サンプル

[Popup] 実行結果の取得

ポップアップを閉じたときに押されたボタンを取得します。

デモ

[Input] <label>のfor属性

<label>要素のfor属性でInputコントロールを指定できます。これにより、ラベルと入力コントロールのスタイルを関連づけたりすることができます。

デモ

[Menu] キー操作

次のキー操作に対応しました。F4/Alt+上下:メニューを開く、Enter:メニューを選択、上下:メニューを移動、文字入力:自動検索。

インテリセンス

Visual Studioのオプション画面でファイルを追加して、インテリセンスを表示することができます。Visual Studio Codeでは、従来通り、TypeScript型定義ファイルを参照してインテリセンスを表示することができます。設定方法は製品ヘルプを参照してください。

サンプルの追加

下記サンプルの他にも、多数のサンプルが追加されています。