2016J v1の新機能

共通(5.20161.151)

Angular 2対応

Wijmo 5の全てのUIコントロール(OLAPなどのEnterprise専用コントロールを含む)に対して、Angular 2コンポーネントを提供します。Wijmo 5はTypeScriptで開発しており、jQueryに依存しないため、Angular 2で非常に開発しやすくなっています。Angular 2コンポーネントは、プロパティやイベントのバインディングに対応し、FlexGridのセルテンプレートを定義することもできます。


Wijmo Enterprise(5.20161.151)

OLAPモジュール(ピボットテーブル)

OLAPモジュールは、Excelのピボットテーブルと同様のデータ集計機能を提供します。フィールドを行、列、集計、フィルタの各項目にドラッグして、設定画面で集計方法や書式などを設定することで、ユーザー操作で簡単にデータ集計結果を可視化することができます。


Wijmo 5(5.20161.151)

PDFモジュール

PDFファイルを生成します。処理はJavaScriptによりクライアント側で実行され、サーバー側でWebサービスなどをインストールする必要はありません。文字列、図形、画像の他にも、FlexGridやFlexChartを出力することも可能です。また、フォントの埋め込みやページレイアウトの設定もサポートします。

[FlexChart] 画像の保存

チャートをPNG、JPEG、SVG形式の画像で保存します。

[FlexChart] アニメーション

チャートをアニメーション表示します。アニメーション表示を行う単位、イージング、遅延時間を指定することが可能です。

[FlexChart] タッチジェスチャー

パン、ズームのタッチジェスチャーでチャートを操作します。

マテリアルデザイン

Wijmoコントロールをマテリアルデザインライト(MDL)のスタイルで表示することができます。MDLは、マテリアルデザインをWebサイトで実現することができる、Google社製のコンポーネントです。

Material Design Lite サポート