【終了】グレープシティ技術カンファレンス ECHO Tokyo 2016

画像「エコー トーキョー 2016」

20年以上にわたり、業務アプリケーション開発者を支援し続けているグレープシティが、日本のエンジニアに向けグローバル技術カンファレンス「GrapeCity ECHO Tokyo(エコー トーキョー)」を立ち上げ、早1年が経ちました。

この1年の間、ECHOはアメリカ ピッツバーグや、韓国でも開催。各国のエンジニアからも高い評価をいただきさらに成長し、この夏、日本での2回目の開催が決定しました!

「Visual Studio Code」「TypeScript」「Angular 2」などのキーワードを軸に、JavaScript によるエンタープライズ開発の裏側まで、今回もWeb開発者必見のプログラムとなっています。前回も好評だったゲストセッションでは、「弥生シリーズ」でおなじみの弥生株式会社さまより、JavaScriptコントロール「Wijmo(ウィジモ)」を使用した開発のテクニック・ノウハウなどをご紹介いただきます。

セッション終了後にはQ&Aコーナー、個別相談が出来るフリータイムも設けますので、セッションに関する内容はもちろん、Web技術についての質問にもお答えします。開発中案件の課題解決にもつながるかもしれません。

皆さんの“開発現場の生の声”が聞けることを、グレープシティスタッフ一同楽しみにしています。お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。

“ECHO Tokyo”はこんな方にオススメです

  • Webアプリケーションの開発を検討している方
  • Visual Studio Codeに興味のある方
  • TypeScriptに興味のある方
  • Angular 2に興味のある方
  • Wijmoをご利用中または導入を検討している方
  • Wijmoを導入した企業の開発ノウハウや活用方法を知りたい方
  • 大規模JavaScript開発の管理方法に興味のある方

ECHO Tokyo 2016 開催概要

日 時 2016年7月29日(金) 13:15~18:00(12:45~受付開始)
会 場 日本マイクロソフト品川本社 C+Dルーム
主 催 グレープシティ ECHO Tokyo 2016 事務局
費 用 無償
定 員 80名→100名

ECHO Tokyo 2016開催レポートはこちら

セッション詳細

<セッション1>
タイトル Microsoft Openness ~ TypeScript と Angular, そして Visual Studio Code ~
スピーカー 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト 井上 章 さま 画像「日本マイクロソフト株式会社 井上 章 さま」
概要 Microsoft の Openness への取り組みの中で代表的な TypeScript と Visual Studio Code の今を、Angular との関係も含めてご紹介します。
<セッション2>
タイトル Angular 2の取組みをとおして伝えたいこと
スピーカー(同時通訳) グレープシティ株式会社 Wijmo開発プログラムマネージャー Alex Ivanenko 画像「グレープシティ Alex Ivanenko」
概要 WijmoはAngular 2のベータ版からサポートを開始しました。Angular 2におけるWijmoの利用方法を解説しながら、Angular 2アプリケーションの開発方法を紹介していきます。WijmoのAngular 2対応を通して得たノウハウをあますことなく紹介します。
<セッション3>
タイトル Inside Wijmo
スピーカー(同時通訳) グレープシティ株式会社 Wijmoグローバルプロダクトマネージャー Chris Bannon 画像「グレープシティ Chris Bannon」
概要 Wijmoの開発の裏側をお見せします。Wijmoの開発がスタートしてから6年以上が経過し、その間、Webを取り巻く環境は日々変化しています。Wijmoプロジェクトも様々なツールを駆使しながら、Webの進化にあわせてプロジェクトを効率化しています。このセッションでは、Wijmoプロジェクトを題材にして、大規模なJavaScriptプロジェクトの管理方法に関するTipsを紹介します。
<ゲストセッション>
スピーカー 弥生株式会社さま 画像「弥生株式会社さまロゴ」
概要 Wijmoの導入事例と効果的な活用方法をお伝えします。同社では、『弥生会計 オンライン』をはじめとする複数のクラウドサービスにWijmoを使用しています。実際に本稼働しているクラウドサービスの開発経験をもとに開発の勘所や効果的な活用方法、導入効果等を苦労話も織り交ぜながら解説します。
参考 弥生株式会社さまのWijmo導入事例
タイトル 『いつでも、どこでも、どこからでも』企業・開発者の生産性を向上させる業務アプリケーション Dynamics CRM のご紹介
スピーカー 日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネス統轄本部 プリンシパルテクノロジーストラテジスト 西澤 貴志 さま 画像「Microsoft Dynamics CRM」
概要 Dynamics CRMを利用すると顧客管理、商談管理といったCRMアプリケーションだけでなく、不動産管理、貸出管理など様々な用途で利用できる業務アプリケーションを容易に構築できます。構築されたアプリケーションは PC からの Web ブラウザーを介してのアクセスは当然のこと、タッチフレンドリーなUI「Wijmo」を採用したモバイル端末用クライアントアプリを使用して『いつでも』『どこでも』利用が可能です。また、Web APIを公開しており外部アプリから『どこからでも』連携が可能です。本セッションでは『いつでも』『どこでも』『どこからでも』に焦点を当ててDynamics CRMをご紹介します。
参考 MicrosoftさまのWijmo導入事例

ECHO Tokyo 2016開催レポートはこちら

協力

日本マイクロソフト株式会社さま   弥生株式会社さま

メディア協賛

    

販売パートナー