株式会社インテリジェンス様

概要

求人メディアの運営や人材紹介サービス、人材派遣などの事業を展開し、創業25年になる株式会社インテリジェンス様。『転職支援サイトDODA』の運営を行っているキャリアディビジョンでは、組織の目標達成の計測に必要なKPI管理環境が整っていないことが長年の課題となっていた。KPIを自動的に見るWebシステムの開発にあたり、スピード感が重要であった。そのため、リッチなUIを少ない工数で実現でき、AngularJSやTypeScriptとの相性も良いWijmo 5を導入した。新しい技術を活用しながらも、保守性の高いシステムを開発することができた。

課題とシステム化のポイント

インテリジェンス大谷様

キャリアディビジョン マーケティング企画統括部 サービス開発部 テクノロジーグループ マネジャー 大谷 祐司 様

求人情報数は国内最大級を誇る転職支援サイトDODA。そのマーケティング部門の数字の『見える化』『システム化』に本腰を入れたのは、ここ1年以内の話だという。

「DODAのマーケティング部門において、KPIなどの数字を見てPDCAサイクルを早くしたいというニーズが長年ありました。これまでは基幹システムからデータを取得し、ExcelやAccessを使用して部分的に最適化していましたが、データが大きく集計に大幅な時間がかかっていました。メンバーを集め内製化できる体制を整えたことで、KPIを自動的に見るWebシステムの開発が実現しました。」と話すのはインテリジェンスの大谷祐司氏。1年半前に同社に入社し、DODAのマーケティング部門の業務改善のためにチームを立ち上げた。

KPI管理ツールの開発を開始後、3か月ほどで初期リリースを行うことができた。モダンなWebシステムを開発するにあたり、同社ではどのような点をポイントに挙げていたのだろうか。

Wijmo 5導入のポイント

Webシステムを開発するにあたり、重要視していた点をインテリジェンスの清田馨一郎氏に挙げていただいた。

  • 基幹システムとのデータ連携や集計等のバックエンド側の開発に時間がかかるため、フロントエンド側は工数をかけないこと
  • 属人的な開発(コーディング)を避け、保守性の高いシステムにすること
  • リッチなUIにすること

上記の課題を解消することを前提に調査を始めた。システムの要件として、ブラウザでExcelと同等の表現力が必要だったため、Wijmo 5に注目したという。「Wijmo 5は、グラフの表現力が非常に高い」と清田氏は評価する。D3.jsやHighChartsも検討したが、以下の点でWijmo 5が優れていた。

  • 少ないコード量で誰でも簡単にグラフ部分をコーディングできる
  • 複合グラフをより簡単に作成できる
  • AngularJSのディレクティブが提供されている
画像「KPI管理画面サンプル」 ※ 画面イメージはサンプルデータを使用

グラフ以外のコントロールでは、同じくWijmo 5に収録されている『FlexGrid』も活用している。グリッド上でのデータ編集が容易であり、1万行程度のデータもスムーズに表示できるため、パフォーマンスにも満足しているという。

また、フロントエンド開発には昨今注目を集めているTypeScript と AngularJSという最新技術を取り入れている。これらの採用によって、以下のようなメリットがあった。

  • 『AngularJS』というフレームワークの「型」にはめることで属人的な開発を避けることができた
  • 『TypeScript』の言語仕様がJava等と似ていたのでサーバーサイド言語の考え方でフロントエンドも開発することができた
  • HTMLのViewの部分は『AngularJS』のディレクティブを使用することでより直観的にコードが見やすくなった
  • 冗長化したコードを容易に共通化することができた
インテリジェンス清田様

キャリアディビジョン マーケティング企画統括部 DODA編集部 データアナリティクスグループ 清田 馨一郎 様

『コードの共通化』の部分は特に、TypeScriptとAngularJSで開発していたからこその利点であり、従来のjQueryベースのコーディングでは難しかっただろうと清田氏は振り返る。Wijmo 5がTypeScriptで開発されており、すべてのUIコントロールでAngularJSのディレクティブが提供されていることが同社の開発要件と合致。さらに、豊富なドキュメントやサンプルが提供されていることも導入を後押しした。

新しい技術を取り入れることに難色を示す企業が多い中、同社は『新規開発なのでリスクを恐れず、新しいシステムを新しい技術で開発していこう』という姿勢で新技術の採用に抵抗がなかった。TypeScript×AngularJSという組み合わせや、Wijmo 5を導入することにも積極的に取り組んだ、と清田氏は続ける。

「新しい技術は、昔の人が苦しんでできなかったものを解消する手段だと考えているのでどんどん取り入れています。Wijmo 5は、パーツやUIなどの苦労しなければいけない部分を楽にリッチにしてくれるうえ、ドキュメントやサンプルなどが充実しているので、開発工数の削減にもつながりました。」

システム導入後の成果

インテリジェンス野村様

キャリアディビジョン マーケティング企画統括部 DODA編集部 データアナリティクスグループ 野村 葉月 様

内部のKPI管理システムが整ったことで、データの集計が格段に早くなり、データが大きすぎて見られなかった部分まで『見える化』することができるようになった。実際にシステムを運用するインテリジェンスの野村葉月氏は、システム導入後の社内の変化について次のように話す。

「マーケティング部員が必要な時に必要なKPIを取得し、当日施策のPDCAに活かせるようになりました。以前使用していたExcelと同じようなグラフでデータビジュアライズすることによって、皆がちゃんと毎日データを確認するという流れができました。また、システムができたことによって、『こういう数値が見たい』という前向きな要望も出るようになりました。」

内製化によって生まれたKPI管理システムは、データ分析の時間短縮、ワークフローの確立など、確実に業務改善につながったという。

新しい技術を積極的に取り入れていこうという同社の方針は、最新技術やビジネスの変化への迅速な対応に努めているWijmoとマッチしていた。Wijmoでは、同社の開発に今後も貢献できるよう、製品機能の改善や向上に取り組みたい。

参考情報

画像「インテリジェンスの皆さま」

●本記事は2015年4月現在のものです。

株式会社インテリジェンス様

画像「株式会社インテリジェンス」
所在地 本社 〒100-6328 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F・28F
設立 1989年6月
事業内容 正社員領域・アルバイト・パート領域の求人メディアの運営、人材紹介サービス、人材派遣、アウトソーシングサービス、 新卒採用支援、教育研修サービス、組織・人事コンサルティングサービス、システムインテグレーションサービスなど
URL http://www.inte.co.jp/